Search Regexの設定・使い方(WordPress プラグイン)

プラグイン「Search Regex」は、、すでに書いたWordPress全記事リンク・画像リンク・文字列などを一括で変換(修正)し、新たなものに置き換えてくれるというとても便利なプラグインです。WordPressへのブログの引越しをされた方はすでに利用しているかもしれませんが、一応、使い方を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

Search Regexをインストール⇒有効化する

まずはじめに、Search Regexを「インストール」⇒「有効化」します。WordPressの管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」とすすみ、

検索窓に「Search Regex」と入力

「Search Regex」というプラグインを見つけたら「インストール」⇒「有効化」してください。

 

Search Regexの使い方

Search Regexプラグインの有効化ができたら、まず、利用する前にバックアップをしておいてください(間違うと後で大変なため!)。バックアップが済んだら、WordPressの管理画面で、「ツール」⇒「Search Regex」そして、⇒「Search Regex」をクリックしてください。

そうすると、このような画面になると思います。
たとえば、「Source」の部分はこのような感じ。

  • Comment author:コメントの作成者
  • Comment author email:作成者のメールアドレス
  • Comment author URL:作成者のURL
  • Comment content:コメントの内容
  • Post content:投稿記事の本文
  • Post excerpt:記事記事の抜粋、引用
  • Post meta value:投稿記事のカスタムフィールド
  • Post title:投稿記事のタイトル
  • Post URL:投稿記事のURL

これらの項目の中からどこを検索、変換、置換するかを選び設定します。

 

文字列を一括置換する手順

プラグイン「Search Regex」では、設定次第でいろいろな一括変換、置換ができるのですが、今回はその中での利用頻度が高いと思われる「文字列の一括置換」とブログの引越し時やSSL導入時にとても便利な「全記事URLと画像URLの一括置換」の手順について書いてみたいと思います。また、今回は「文字列の一括置換」と「全記事URLと画像URLの一括置換」を変更するのが目的なので、以下の部分

Source:Post content
Limit to:No limit
Order By:Ascending

この3つの部分はデフォルト状態でこの表示になっていると思います。これはこのままでOKです。

ではまず、「文字列を一括置換する」場合ですが、「Source」という部分はデフォルトの「Post content」のままでOKです(記事の本文を検索するという意味なので)。それを確認したら、次に「Search pattern」に変換したい文字列を入力して、「Replace pattern」に変換したい文字列を入力します。

たとえば、ブログ(記事)内に使われている文字列「affiliate」という英文字を「アフィリエイト」とカタカナにしたいという場合なら、「Search pattern」に「affiliate」と入力して、「Replace pattern」に「アフィリエイト」と入力すればOKです。

入力が済んだら「Search」をクリックしてみてください。そうすると全記事から「affiliate」という文字列が表示されます。

また、「Search」の隣の「Replace」をクリックすると置換された文字列「アフィリエイト」で表示されます。ここで置換内容が本当に正しいか確認します。

「Replace」で、置換結果に間違いがないか確認できたら、最後に「Replace&Save」をクリックします。

これで、文字列の一括置換作業は完了です。

 

全記事URLと画像URLの一括置換する手順

「文字列を一括置換する手順」と同様に、まず、利用する前にバックアップをしておいてください(間違うと後で大変なため!)。バックアップが済んだら、WordPressの管理画面で、「ツール」⇒「Search Regex」そして、⇒「Search Regex」をクリックしてください。

そうすと、このような「Search Regex」の画面になります。

今回は記事などの内部リンクURLと画像URLを変更するのが目的なので、

Source:Post content
Limit to:No limit
Order By:Ascending

この3つの部分はデフォルト状態のまま、この表示でOKです。そして次の部分に以下を入力してください。

Search pattern:(SSL化する前のブログのURL)例:http://▲▲▲.com
Replace pattern:(SSL化後のブログのURL)例:https://▲▲▲.com

最後に、Regex:の部分はチェックなしのままでOKです

ここまでの作業が済んだら「Replace」をクリックしてみてください。

すると上の画像のように修正する部分の一覧が出てきます。赤色の部分が修正されるURLです(緑色:修正前)(橙色:修正後)。この段階で、修正するURLに間違いはないか、修正後のURL(アドレス)は崩れていないか(見た目がおかしくないか)などをチェックしてください。

チェックが終わり問題がなければ「Replace & Save」をクリックします。

そして下の画像のような表示が出たら「Search Regex」でのURLの修正作業は完了です。


 

プラグイン「Search Regex」の使い方~まとめ~

WoerdPressでブログを新規でこれからはじめるという方には、あまり関係ないかもしれませんが、他のブログからWordPressnに引越しをしたり、ブログにSSL化を導入する時などにこの「Search Regex」は、とても便利で役に立つプラグインです。すでに記事数が100を超えているなんていう場合、ひとつひとつリンクを修正するなんて、考えただけで気が遠くなってしまいますからね。以上、プラグイン「Search Regex」の使い方でした。

 

これからWordPressでブログを作るなら・・・

これからWordPressでアフィリエイトブログを作るという方におすすめな独自ドメインとレンタルサーバーは、独自ドメインならムームードメイン、レンタルサーバーならロリポップ!がおすすめです。

おすすめする理由としては、料金的な面はもちろん、ムームードメインとロリポップ!は同じ会社(GMOペパボ株式会社)が運営しているのでドメインとレンタルサーバーの設定(紐付け)が簡単だからです。



ロリポップ!レンタルサーバーは先日、それまではエックスサーバーなどの上位機種のみだった、独自SSLサービスも無料で利用できるようになったので、コスパがいいです。



ロリポップ!のレンタルサーバーのプランは「スタンダード(月額~500円)」がおすすめです。スタンダードプランならWordPressブログが10個まで作れます。WordPressは「ライトプラン(月額~250円)」でもできるのですが、1個しかつくれないので。ブログアフィリエイトでそれなりの収益を上げたい場合は少しもの足りないかもしれません。WordPressはグーグルアドセンス審査用のブログだけに使って、審査に通れば後は無料ブログで・・・という方はライトプランでもいいと思いますが、ブログアフィリエイトで長期的にそれなりに稼ぎたいなら、WordPressブログ1個では心もとないですから。

なお、ムームードメインの取得・設定方法やロリポップ!の設定方法などは、このブログの他の記事で書いていますので、よかったら参考にしてください。

 

アフィリエイト初心者さんが、アフィリエイトブログで安定して稼げるようになるまでには、誰でもやはりそれなりの時間がかかるものです。ですからそれまでの稼ぎの「つなぎ」という面も考えて個人的に私はアンケートサイト(ポイントサイト)を利用することをおすすめしています。

また、このブログに書いた記事のお小遣い稼ぎサイト(ポイントサイト&アンケートサイト)は 、実際に私(ブログ主)が利用して換金までしたサイトばかりです。ですから、「アフィリエイトはやらないけどお小遣い稼ぎはやってみたい」とか 「アンケートに回答してで少しでもお得に買い物がしたい!」 というお小遣い稼ぎ初心者の人にも安心しておススメできるアンケートサイト&ポイントサイトばかりなので、気に入ったサイトがあったらぜひ登録&利用をしてお小遣い稼ぎをはじめてみてください。

 

スポンサーリンク

カンファレンスバナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。