Googleアドセンスの2次審査に合格したら

Googleアドセンスの2次審査に合格したら、審査用の掲載広告に加えて、実際に収益が出るようにブログにアドセンス広告を貼っていきましょう。

スポンサーリンク

Googleアドセンスの2次審査の合否確認

Googleアドセンスの1次審査を通過して、2次審査用にブログに広告を貼ると、そのときの広告欄は「空白」(なにも表示されていない)状態だと思います。

2次審査用の広告をブログに貼って数日~数週間後に、そのブログを覗いてみて「空白」だった場所に広告が表示されていれば2次審査に合格したと思って間違いないでしょう。また、登録してあるメールアドレスに合格のメールが届くことでも確認できます。

▼このようなメールが届くと思います▼

広告が表示されるのと、合格通知メールが届く順番は人によって違いがあるようですが、私の場合は広告の表示が先で追ってメールが届きました。

2次審査に合格したら、Googleアドセンス広告で収益を発生させることが出来るようになったわけなので、さっそく、収益をあげるべくブログに広告を貼っていきましょう。
 

Googleアドセンスの広告の種類

Googleアドセンスの広告の種類は大きく分けて3種類。「広告ユニット」「リンクユニット」そして「検索向けアドセンス」。

Googleアドセンスの広告は1ページあたりに表示できる数が決められていて、「広告ユニット」が3つ、「リンクユニット」が3つ、「検索向けアドセンス」が2つまで。全て使うと1ページ8つ使えるということになります。

この3種類の広告の中で、アフィリエイト初心者さんにおすすめなのは「広告ユニット」です。ですので、とりあえず「広告ユニット」3つをブログ(記事内)に貼るという方向でいいと思います。

参考までに「広告ユニット」というのはこういう広告です。
▼   ▼   ▼

スポンサーリンク


例として記事内にアドセンス広告(サイズは300×250)を貼るような感じで設置しましたが、この広告はGoogleアドセンスの広告ではなくて、忍者AdMaxの広告です。なぜなら、このようなブログ(ポイントサイトを紹介していたりるするいわゆる稼ぎ系ブログ)は、Googleアドセンス規約違反になるのでアドセンスの広告は貼ることができないからです。

参考⇒Googleアドセンスガイドライン(プログラムポリシー)
 

Googleアドセンス広告利用の注意点

Googleアドセンスは、1度1つのブログが審査に通れば、自分の他のブログに自由に貼ることができるのですが、広告を貼るブログがアドセンスの規約に違反しているとアドセンスのアカウント自体が使えなくなるので注意が必要!

ですから、すでに複数のアフィリエイトブログを運営していて、アドセンス広告を利用する場合には、広告を貼る前に、そのブログが規約違反していないか十分に確認するようにしてください。

規約をよく読まずに「これぐらいは大丈夫だろう・・・」という勝手な自己判断をすると、後で後悔することになります。また、規約を読んでも「これは大丈夫?それともダメかな?」というような「グレーゾーン」も、アフィリエイト初心者さんは避けたほうがいいでしょう。

また、Google アドセンスを利用するにあたっては、ブログのジャンルはもちろん、記事の内容、記事に使う言葉まで気を使わないといけません。少しでも「これは規約違反かも?」と思うカテゴリーのブログや内容の記事を書くことがあるならば、そのブログにはアドセンスを使わないようにして、その代用として忍者AdMaxやi-mobileの広告を利用して上手に収益をあげられるようにしていきましょう。

参考⇒Googleアドセンス広告の作成

 


Googleアドセンス関連記事

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。