Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイトの審査に落ちた場合

Amazon アソシエイトを行うには、登録時の審査を受けそれを通過する必要があるのですが、実はこの私もこのブログではありませんが、審査に落ちたことがあります。この審査についていろいろ検索してみると「すんなり審査に通った」という意見よりも「審査が厳しい」という意見が多いような印象を受けました。審査に通らない(落とされる)とこんな通知がメールできます。

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトの審査に落ちると

Amazonアソシエイトの審査に落ちるとこのようなメールがきます。

『アソシエイト・プログラムから審査結果のおしらせ』


ちょっと読みづらいというか、かなりわかりづらいと思いますが、だいたいこんなメールが送られてくると思ってもらえたらと思います。内容は「参加を承認することができませんでした。」とその理由(この理由は誰でも同じものが書かれているみたいです)。いくつかの審査に通らない該当理由が書いてあるのですが、自分のブログがどれに該当してダメだったのかは、問い合わせても教えてくれないそうです。私自身はいちいち問い合わせをしていません、面倒なので!

 

審査に通らない理由にはいろいろあるらしいが・・・

Amazonアソシエイトの審査に落ちる理由の中で「記事が少なすぎる(未完成である)」と「内容がよほど過激(性描写があるなど)」なら審査に通らないことも納得できますが、私も含め、どうもみなさんそういう訳ではないみたいです。詳細な理由は知る由もありませんが、とにかくAmazon側の思惑通りのブログではないとダメなような気がします。

他にも「Amazonでの購入実績(特にクレジットで)がないとダメ」だとか、そんな理由もあるのでは?と書いてあるサイトもありましたが、真偽のほどは定かではありません。もしこれが関係しているのであればAmazonアソシエイトをやるに足る人物(信用面)であるのか、確かめられているみたいでなんか少し嫌な気がします。

 

審査時には他の広告をはずしておくといいかも?

私の印象では「すでに記事内で商品を紹介(アフィリエイトを開始)しているブログ」とか、「すでにサイドバーに他社の広告バナーを貼っている」と審査に通りづらい印象を受けました。実際はどうだかはわかりません。逆に審査に通りやすいブログ(サイト)と感じるのは、まだアフィリエイトを開始していない(他社の広告を貼っていない)まっさらな状態(?!)のブログで内容は「日記」的なもの。これなら商品も自然な感じで宣伝しやすいですからAmazon側としても承認しやすいのではないでしょうか。

なので、どうしてもAmazonアソシエイトの審査に通らない場合で、それでもAmazonにこだわるという場合は、①審査に通らなかったブログの広告をはずして再申請してみる。②新たにブログを開設(もちろん記事数はそれなり。広告は貼らない。)して申請するのがいいのではないかと思います。
(以前に落ちていても何度でも申請は出来ます。)

 

Amazonアソシエイトの代案として

何度申請してもAmazonアソシエイトの審査に通らない・・・そんな場合でもあきらめるのはまだ早いです。実はAmazonの商品はASP会社で提携して利用することも可能です。たとえば「A8.net」でも出来るんです。A8.netなら登録時の審査はありませんから、このASP会社を登録&利用してしまえばAmazonの商品をご自身のブログで扱うことも可能です。その他のASP会社「バリューコマース」でもAmazonのアフィリエイトが可能です。ただしバリューコマースでは登録時の審査があります。

 

A8.netなら確実だったのだが・・・

ただ、最近では少し事情が違ってきたようです。私がA8.netに登録した当時なら、申請が済めば、そのままAmazonの広告が利用できたのですが、現在は事情が違うようです。(提携審査ありの可能性。)

バリューコマースの場合は、ASP審査→サイト審査→Amazonの審査という手順に以前からなっているので、ブログが審査に通ってもAmazonの審査に通らない可能性もあります。

ただ、直接Amazonアソシエイトに申し込むよりも、審査に通りやすい可能性もあるのでチャレンジしてみる価値はあるでしょう。